記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お姉さん、こっちを向いて。6日目

とりあえず、小さい一歩を踏み出したみとすけ。
RPGで言うと0.1レベルアップ笑

そんなこんなで
前回に引き続きいつもの場所に向かう。

今回は少しだけ挑戦。

道聞きをしてみようと思う。

土日ということもあり、昼間からいつもの場所で

ぐるぐる回りはじめる。

さーて、はじめるぞー。

(トコトコ。。)

(トコトコ。。)

(トコトコ。。)

うん、あいかわらずの地蔵モード。

(ああ、あの女の子忙しそうだよなー。)

(あの子、気が強そうだよなー。)

(見るとイヤホンかけてるし、絶対無視されるだろーなー。)


できない言い訳を頭の中でただひたすら探す。

ここのところ、ずっとやっていて気づいたのですが、

僕、すごく無視が怖いんです。

この人は絶対無視する。

そこにいる人も絶対無視する。

あの人も絶対無視する。


歩き回って3時間経過。

よし、発想を切り換えよう。

デパートの案内のお姉さんなら絶対無視はないだろう。

今度こそ....!!

僕:すみませーん。○○に行くにはどう行けば良いんですか。

お姉さん:ああ、それならこう行って・・・


やったー!声かけできたぞー!!

ほんの少しだけ勇気が沸いてきた。

これなら普通の通りでもできる!!

そして2時間経過。

あれ?できないじゃーん(´-ω-`)

やっぱりビビッてしまう。

(なんのためにやり続けているんだ!)

(道聞きもできないならナンパは夢のまた夢だぞ!)

と心の中で雄叫びをあげながら、

駅付近の地下ロータリーで一人歩いているお姉さんを発見。

いざ・・・!!

僕:すみませーん。○○線に行くにはどっちへ行けば良いんですか?


お姉さん:ああ、それなら、あの突き当たりを右に曲がって、真っ直ぐいけば着きますよ。

言えたー!!

言えたよー!!!

よくよく見たら、主婦だったんですけどね。

でも話ができたことにひたすら喜び、心の中でガッツポーズ!

収穫があった一日でした。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。