FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンパをしないことにした。3日目

どうも。
ビビッてナンパができない、地蔵ナンパ師みとすけです。

そもそも、第一声に

「何て、声をかければいいか?」

全く考えていなかった。

僕がイメージをしているナンパ師って

「こんにちはー!」

「お姉さーん、今からどこへ行くの?」

「よかったら、僕とお茶しない?」

って最初にこんなセリフを言ってれば、

あとは自然に会話ができるだろうと思っていた。

そもそも、そんなセリフは

初対面の人に今までの人生で
言ったことがなく、当然のようにビビるのは当たり前だよなと、ふと思った。

そんなこんなでとりあえず仕事が終わり、街へと向かう。

ナンパを始める前にネットで調べていると

「あのーナンパしても良いですか?」
とか。

わざと自分の物を落として

「これ、落ちましたよー!」
とか。

「すいませーん!ちょっとアンケート良いですかー?」
とかとか。

うん。
これ全部言えないな・・・。

と嘆いてしまう。

とりあえず、

「こんにちはー!」

か、

「すみません。○○に行きたいんですけど、どうやって行ったら良いですか?」



って言って道聞きをしてみよう。

いざ、出陣。

夜になって、駅周辺をウロウロしていると、

仕事帰りのOL、女子大生、多分キャバクラの出勤前のお姉さんやら、

ナンパしてみたい女性はいっぱいいるわけ。

でも今日は違う。

ナンパではなく、ただの声かけをしよう。

結局ナンパじゃん!ってツッコミたくなる気持ち分かります。

言わせてください。
僕、こう思ったんですよ。

ナンパって思うから駄目なんだ。
ただの通行人を装って、ただの声かけをしてみる気持ちで行ったら、
きっと上手くいくんじゃないかと。
要するに気持ちの問題ですね。

そんなこんなで気持ちを固めて、

ふいにキレイなお姉さんを追いかける。

お姉さん:テクテクテク。


僕:ツカツカツカ。(もっと近づいてみよう!)


(お姉さん)テクテクテク。


僕:ツカツカツカ。(いい距離!このタイミングで言うんだ!)


(お姉さん)テクテクテク。


僕:ツカツカツカ。(駄目だ!声出せない!)


お姉さん、過ぎ去ってしまう。


うん。
めちゃめちゃドキドキした。
めちゃめちゃパニックになった。

そんなこんなで駅周辺を散歩し、2-3時間経過。

今日も収穫なし。

お家に帰って、AV見てシコろう。












スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。